葬儀中のマナー(離席、香典など)

葬儀のマナーについて

葬儀のマナーについて 葬儀のマナーとして、どのようなことが思い浮かぶでしょうか。結婚式などおめでたい席については事前に調べている人もいますが、お葬式などお悔やみの場については調べていない人は少なくありません。実際にお葬式について調べることを縁起が悪い、失礼になると考える人もいるので仕方ないという考えがあってのことでしょう。しかし、年齢を重ねるごとにお悔やみの場に出席すること、親族側として立つこともあるため、最低限のマナーは覚えておくようにしましょう。

ひと昔前であれば、お葬式の場の服装は厳しくチェックされていましたが現在、男性は略礼装のブラックスーツや女性は洋装の正式礼装を着用しています。女性は葬儀と告別式で洋装と和装に着替えるのが一般的でしたが、近年は一貫して洋装で出席する人も多くなっています。女性が和装をする場合は、家紋を確認します。レンタルの着物を借りた時にありがちなことですが、まったく無関係な家紋の着物を着てお葬式に出席しているケースもあります。家系に関係ない家紋をつけていると、家系の恥と考える人もいますので、きちんと確認をします。

お葬式の作法については、宗教によって大きく異なります。神式葬儀の時に仏式作法だと失礼に当たります。親族側で出席する場合は、必要な作法は最低限でも覚えておきましょう。他にも訃報の知らせを受けて、深夜に駆けつけるのは良くありません。親しき仲にも礼儀ありということで、深夜の弔問は控えましょう。葬儀に遅れるということもマナー違反です。前もって時間は知らされているのですから、早めの行動を心がけましょう。

他にも、お葬式に参列している時知り合いを見つけて世間話をする人もいますが、これもマナー違反です。お葬式という場所を考えれば世間話をするような場所ではないと分かります。家族を亡くされて心労が重なっているご遺族に対しても失礼ですし、話しかけた人にとっても迷惑になるので避けましょう。ご遺族関連で、亡くなられた経緯を聞くのも良くありません。傷口に塩を塗るような行為になるため、気になったとしても聞かないことがマナーです。他にも、ご遺族と長話をするのも良くありません。ご遺族は参列者に挨拶をしなければいけないため、参列者よりも忙しいのです。そのため、他愛のない話で引き留めるのは相手の仕事を邪魔していることと同じことになります。葬儀に参列するのだという意識を強く持ち、何をすればマナー違反になるのかを自分で考えながら行動をするようにしましょう。

お知らせ