葬儀に子供を連れて行く時のマナー

葬儀に参列する際に、子供が幼いために留守番もさせられない場合があります。葬儀の場に赤ちゃんや幼い子供を連れて行くのは、やや違和感を覚える人もいます。子供を連れて行くことについては、確実にマナー違反とは言えません。その理由は葬儀の場にいるご遺族たちや親戚の考えによって変わってくるからです。特に連れてきた子供にとって故人が祖父母である場合は最後のお別れに連れてきたいと考える親もいるでしょう。

赤ちゃんや幼い子供がいる家庭は、故人のご遺族などに意見を聞くことで参列を欠席することも可能です。赤ちゃんや幼い子供がいるからといって、葬儀の場へ参列することががマナー違反だと自己完結せずに周囲の意見を求めましょう。

子供を連れて行く場合は、途中で泣いた時のためなどに離席しやすい位置に座るのも大切です。離席をするのが心苦しいのであれば読経中などは控室で待機しておくなどマナー違反にならないように配慮しておきましょう。葬儀に参列して、マナー違反として注意されるのは母親としても心苦しいので指摘を受けないよう心配りをします。

子供に着せる服についてですが、制服はないため控えめな色合いの服を着せればマナー違反にはなりません。おめでたい席を連想させるような色合いは絶対に避けましょう。紺色、茶色などがオススメです。服装についてもあまりカジュアルにならないように注意します。未就学児の場合も同様で、子供が走り回ったり遊んだりしないように気を配らなければいけません。子供を連れて行く場合は、親族に相談をした方が確実です。