葬儀の服装に関するマナー

葬儀に参列する際、失礼にならない服装を心がけなくてはいけません。お通夜ではダーク系のカラーで訪れる人がほとんどですが、葬儀や告別式の場合、男性はブラックスーツで女性は黒のワンピースやスーツが葬儀のマナーとして正しい服装です。アクセサリーについても、結婚指輪程度に抑えておき、派手な印象を与えるアクセサリーはマナー違反です。光沢がないものを選ぶのも大切です。

葬儀の場面でマナー違反になる服やアクセサリーは多く、殺生を連想させる毛皮のコートや動物の革を使ったものも良くありません。女性であればバッグを持つ人も少なくはありません。しかしショルダーバッグなどはよほどの理由がない限りは避けましょう。肩に掛けるものなどは、ご遺族に対して失礼となるためマナー違反のアイテムとなっています。しかし、会社から直接参列したなどの事情がある場合は受け付けなどに預かってもらうと良いです。

服装に関しては難しく考えずに、シンプルで派手ではないものを選ぶことで葬儀のマナーを満たしていることになります。男性で気をつけたいのはネクタイピンをつけないことです。あれも光物になる場合があるため、避けておいた方が無難です。葬儀に参列することを考えて、身だしなみを整えれば自然とマナー違反のものは避けていくのではないでしょうか。難しく考えた結果、逆に失礼なものを持っていってしまったということもあるので、適当ではなく少し肩の力を抜いて考えましょう。服装でその人の性格なども見られてしまうので、失敗をしないように気を付けるようにしましょう。